26歳で3度もスベった起業家が諦めないワケ

聡明で、ハンサムで、ざっくばらんで、ハイテクに精通していて、そして何よりも若い。マイク・アイドリンは次のマーク・ザッカーバーグたる資質を兼ね備えているかもしれない。投資家たちは26歳の日本人とアメリカ人のハーフ、アイドリンのような若い起業家に大きな期待を抱いている。

アイドリンは2年前に東京に来てから、トライアル・アンド・エラーを繰り返して学びながら、3つのビジネスアイデアを考え、日本の投資家から約5000万円を調達した。この夢追い人はさらに大きなアイデアを追い掛けて、1万ドルの調達を目指して今度はロサンゼルスへ向かうという。

この記事は日本語対応もしています。ここをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です