「見た目外国人」の日本人親子を苦しめる誤解

チュック・ベッシャーの長男、ノアは両親が日本人にもかかわらず、学校で「ハーフなのか」と聞かれたことがある(写真:チュック・ベッシャー)

 

1971年のシングルヒット「イマジン」の中でジョン・レノンは、すべての人類がともに平和に暮らすことを想像してみてほしいと言っている。このほど、東京で開催された日本アジア協会の講演で、チュック・ベッシャーも出席者に同じことを想像してみてほしいと言った。

ベッシャーに言わせれば、日本社会は日本人が考えるよりもずっと多様で、多文化的な国だ。想像力をもうすこしだけ働かせれば、日本人は、ほかの人と違う外見、考え方、行動をする人を受け入れられるようになるはずだ、とベッシャーは言う。

この記事は日本語対応もしています。ここをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です