犯罪の真相解明などはほぼ行っていない

子供の親権調査の場合。

2年前、米国在住のある米国人夫婦が小山悟郎という東京の私立探偵を雇った。5歳になる孫の親権を獲得するためだった。小山の依頼人夫婦は、彼らの29歳になる息子と、その2人目の妻が保護者として不適格な育児をしているのではないかと心配していた。

調査によると、息子は無職でアルコール依存症であることがわかった。彼の最初の妻であり、孫の母親である女性は離婚後、姿を消してしまっていた。現在の伴侶である2人目の妻は、息子よりずっと年上のインドネシア人女性で、怪しげなナイトクラブのダンサーであり、おそらくは売春婦でもあった。息子一家は政府の生活保護を受け、東京のどこかの公営住宅で暮らしていた。

この記事は日本語対応もしています。ここをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です