Latest News

犯罪の真相解明などはほぼ行っていない

2年前、米国在住のある米国人夫婦が小山悟郎という東京の私立探偵を雇った。5歳になる孫の親権を獲得するためだった。小山の依頼人夫婦は、彼らの29歳になる息子と、その2人目の妻が保護者として不適格な育児をしているのではないか

「愛国心」育成狙う日本政府の危うい教育方針

東京大学大学院教育学研究科の教育社会学者、本田由紀教授は、日本の義務教育制度において国家が後押しする権威主義の台頭を懸念している。学習指導要領において愛国心が教えられていると危惧しているのだ。 高校を皮切りに今後数年にわ

「外国人起業家」が考える日本で成功するコツ

  「起業したい」と思い立って日本を目指す外国人は少ないだろう。言語や文化が他国と異なるだけでなく、日本にはそもそも起業を支援する体制が乏しいという見方もある。が、約20年前に日本を訪れ、現在はオフィス家具最大

北朝鮮にとってトランプは「都合のいい男」だ

イスラエルの歴史学者・執筆家のユヴァル・ノア・ハラリ氏は、ほとんどのテロリストは陶器店を破壊しようとして飛び回る無力なハエのようなものだと話す。 「ハエは力が弱すぎてティーカップ1つをも押し傾けることができない。よってハ

日本企業は、なぜこんなにM&Aが下手なのか

「日本株式会社」は、革新的なスタートアップ企業の誕生を切望していると同時に、この「禁断の果実」を恐れてもいる。米国の大手企業が熱心に新興企業を買収している一方、日本の大企業は、革新的な新企業を発見し、手中に収め、そして自

日本の「非効率な医療現場」は外国人が変える

日本人の多くは海外で働くことを考えたことはないかもしれない。ましてや起業なんて……。が、アメリカ出身の臨床心理学者、マーティ・ロバーツ博士は2016年、日本で医療技術系の企業を立ち上げた。それだけではない。彼は自らの会社

今の日本だと「同一労働同一賃金」はスベる

2019年度から「同一労働同一賃金」制度が導入される。が、はたして日本は本当にこれを受け入れられるのだろうか。 現在、日本はよりスピーディかつグローバル、そして革新的な世界の競合との激しい競争に直面している。そして、多く